社会保険労務士DVD講義のポイント!


このサイトで一番重要なページになりますので、
しっかり理解してください。
ここまで社会保険労務士の試験にはDVD講義が必要と何度も説明してきます。
もっと言えば特別勉強が出来る人でない限り、講義を視聴しないで短期間(1~3年)で 合格するのは無理なんじゃないかとも思います。

それでは何故、DVD講義が必要なのか基本的なことから説明します。
最大のメリットは、スムーズに知識を吸収でき、さらに深く理解できるということです。
これがテキストだけなら、読んで理解しなければいけないので、読解力には個人差があり、 誤った解釈をしてしまう可能性が大いにあります。
それでいて全科目合わせれば何千ページになるテキストを理解するとなると 時間も果てしなくかかります。

しかし、講義を視聴できればテキストに沿ってきちんとわかりやすく説明してくれるので、 スムーズにそして正確に理解でき、記憶にも残りやすくなります。
ここが講義を視聴できるポイントです。

DVD講義の必要性がわかれば次にどのようなDVD講義を選べば良いのか ポイントを説明します。
まず講義の内容に関してですが、これは個人によって好き嫌いがあるので、これが良いとは言えません。
各会社のホームページにサンプル講座を視聴できると思いますので、
それでわかりやすいと思ったものを選んでください。

次は映像についてですが、DVD講義を選ぶ際は、ここが一番重要になってくると思います。
というのも通学する場合は講義の内容だけで判断できますが、映像で見る場合は違います。
映像の場合、一定の画面に集中しなければいけないので、
どんなに内容が良くても映像が悪ければ、長時間見ていられません。
これは言葉で説明しづらいので、実際に見てみなくてはわからないと思います。

ではどんなものが良いのかというと、ずばりハイビジョン撮影しているものです。
要するに通常のテレビ番組と同じように撮影していることです。
ハイビジョン撮影していると画面の背景が動いたり、
講師と目線が合ったりするので、 臨場感が出てきて、
一対一で講義を受けているかのような感じになります。

逆に駄目なのは、講師の目の前にカメラを一台置いて撮影しているものや、 天井にカメラを設置して撮影しているものです。
これらのような撮影だと臨場感に欠けて長時間見ていられません。
個人差によって一概にいえませんが、せいぜい見ていられるのは、
はじめの15分くらいです。

これからDVD講義を選ぶ場合は、ハイビジョン撮影しているかまず確認して下さい。
撮影方法はホームページに載っていますし、載っていない場合は違うということです。
その後講義の内容を確認して自分にあっているものを選ぶと良いでしょう!

>>いま最も進化した講義を配信する通信教育<<