社会保険労務士の仕事とは?


社会保険労務士の仕事とは、企業で働く人に関する法律を取り扱う仕事です。
いわば、人事、総務のスペシャリストとなるわけです。

具体的にどのような仕事をするかというと、例えば就業規則を見直したいので、 作り直してほしい、社員のモチベーションを上げたいので社内研修を計画してほしい、
新しく人を採用したいので相談になってほしいなどたくさんあります。

仕事内容はまとめると下記のように集約されます。
●健康保険や雇用保険の手続き
●従業員の採用、退職などについての相談
●就業規則、給与規定・退職金規定などの作成、相談
●社内教育・研修についての相談・指導
●人事管理、人事考課などの相談・指導
●その他のコンサルタント業務

これらの仕事は、見てわかるように会社の規模に関わらず必要となります。
どの企業にしてみても人は会社の安定を図る為には欠かせない存在になりますので、
会社はいかにして労働者が働きやすい環境を作れるかが、とても重要になるのです。

特に現在は不況による影響で、雇用形態や労働問題が深刻化し、将来に不安を抱えながら 仕事をしている労働者も多いはずです。
そんな中で仕事をしても会社にとっても従業員にとっても良い結果は生まれません。
しかし経営的な問題や知識不足により労働環境を整えられない会社が数多くあるのです。
そこで社会保険労務士が登場いたします。

社会保険労務士は法律的な観点や社会のニーズに合わせた提案をして、その会社の労働環境を良くすることで健全な会社にしていくことが目的です。
一般的なイメージである社会保険や雇用保険の手続きだけ仕事ではありません。
あくまでも労働環境という観点から企業の利益を追求していく法律家なのです。

今行政書士や司法書士など多くの士業が存在しますが、その中でも社会保険労務士という 仕事はやりがいもあり、人のためにもなるとても魅力的な仕事だと言えます。
試験は難しいですが、是非人事・総務のスペシャリストを目指して下さい。

>>いま最も進化した講義を配信する通信教育<<