勤務社労士と開業社労士の違い!


社会保険労務士は、基本的に独立開業型の資格になりますが、中には企業に勤めている 勤務社労士がいます。

何が違うのかというと開業社労士は、独立して事務所を構え企業の労務関係や保険手続きなどの仕事を代行して行うことになります。
一方、勤務者社労士は、企業に勤めて社内の総務や人事でその知識を活かし仕事をしていきます。
又社会保険労務士事務所に勤めていれば顧客の仕事を代行して行うのです。

どちらの働き方にもメリットもデメリットもありますが、
高収入をめざすなら独立、 安定を求めるなら勤務
といったところでしょうか!
というのもこの2つの働き方で一番の違いは年収になります。

例えば企業に勤める勤務社労士の場合は、収入は安定しますが多くを望めません。
年収はその企業の一般的な額になると思います。
その逆に開業した場合は、リスクももちろんありますが、その分高収入を望むことができ、 年収1000万クラスはざらにいますし、それ以上貰っている方もたくさんいます。
コレだけの違いなのです。

ですが、このように言ってしまうと今この不景気ですので、安定した勤務社労士に 魅力を感じてしまう人も多いのではないでしょうか!

しかし理解して頂きたいのが社会保険労務士の資格を取得したからといっても、 必ずしも就職に有利になるかといえばそうとも言えません。
社会保険労務士の資格は、独立開業型の資格になりますので、
ゆくゆくは独立するのだろうと会社側に判断され、よい印象を与えない可能性もあります。
もちろん企業にとって見れば必要な知識になりますので、そうでない場合もあります。

その一方でリスクがでかいと思われている独立ですが、他の業種に比べれば 最小限のリスクで抑えることができるのです。

社会保険労務士の場合、独立といっても事務所を自宅に構えることが出来るので、 特別な自己資金が必要なく、開業することが出来ます。
しかも一度軌道に載れば企業と顧問契約を結ぶことができて、毎月安定した高額な収入を得ることも決して夢ではありません。
さらに現在は不況による雇用問題で社会保険労務士の需要が足りないと聞きます。

要するに企業に勤めたからといって安心、独立したからといって不安ということも一概に言えないということです。

>>いま最も進化した講義を配信する通信教育<<